春菊について

皆様こんにちは!

日に日に寒くなって参りましたが、お元気でお過ごしでしょうか。

寒くなると、温かい物を食べた時に感じる幸福感は至福ですよね~。

 

冬場にお鍋を食べる家庭も多いかと思いますが私はその中に春菊が入っていると更に幸せになります。

どの位好きかというと、買い物する時でもレタスより購入頻度は高い・・・分かりにくいですね(笑)

今回はあると幸せ。でも、好き嫌いの差が激しい春菊について調べてみました。

 

私は圧倒的にお浸しで食べることが多く、それ以外でサラダやお鍋で春菊を食べてましたが中国では炒め物にするのが定番らしいです。

特に、春菊の中に含まれているβカロテンは脂溶性ビタミンなので、油もしくは脂質の豊富な食材と合わせて摂取すると効能UPするそうです。

 

春菊の旬は11月〜3月で、味は産地によって違います。

例えば、東京産の春菊は苦いけれども広島産は甘く、九州や四国では味にクセが無く柔らかいといった風に産地によって特徴が違います。

旅行に行った際に食べてみるのも面白いかもしれませんね!

 

春菊に含まれている主な栄養素は

・βカロテン
春菊は小松菜やほうれん草などと同じくらい、たっぷりと含まれています。

抗発ガン作用や免疫力UPで知られていますが、その他にも体内でビタミンAに変換され、髪や視力、粘膜や皮膚の健康維持にも効果があります。
・ビタミンC
皮膚の状態を健康的に維持し、風邪の予防にも重要なビタミンです。水溶性で摂りすぎた分は体外に出るため、コマメに摂取するのがオススメです。
・カルシウム
骨を作るのに欠かせない成分。骨粗しょう症の予防にもなると言われています。
・鉄
赤血球を作る成分で、貧血を予防し、疲労回復効果もあります。
・葉酸
赤血球を作るのにも必要な栄養素である。成長を促す効果があり、特に妊娠初期の女性にはとても大切な成分です。
・クロロフィル
葉緑素であり、植物の緑色の部分にあたる成分がコレステロールやダイオキシンを体内から排出してくれる効果があります。

 

βカロテンを豊富に含む野菜TOP10

・1位 … モロヘイヤ
・2位 … しそ
・3位 … パセリ
・4位 … にんじん
・5位 … とうがらしの葉
・6位 … 春菊!!!
・7位 … こまつな,ニラ
・8位 … ほうれん草
・9位 … ひじき
・10位 … 大根や、かぶの葉

近年、ビタミンAも健康や美容で注目を集めていますが、βカロテンを摂取する事によって体内で変換される嬉しい効果もあるのが素敵ですよね。

 

βカロテンは緑黄色野菜に多く含まれていますがブロッコリーやトマト、ピーマン等はβカロテン含有量が意外と少ないです。

ただし、βカロテンの吸収率は調理方法によって大きく変わってきます。

たとえばニンジンは生で食べた場合のβカロテン吸収率は10%と非常に少ない数値ですが、ニンジンをすりおろして大根おろしと混ぜて食べれば21%にUP。

 

また最も効果的なのは油で炒めることでβカロテンの吸収率は80%にも急上昇します。

これは他の緑黄色野菜でも同じことが言えます。

その理由は油によく溶ける性質があるからです。

そのためほうれん草などもおひたしにするよりは、ソテーにした方が吸収率がイッキにUPします。

 

さらに春菊を100g食べると、成人一日のビタミンAの所要量をクリアしてしまうのです!

 

ただし、ビタミンCは水溶性なので水にさらすと栄養価が流れたり、熱に弱く栄養が壊れたりするので、炒めたり、湯掻いたり、サラダなどにしたりと様々な調理法で楽しむのが良いかもしれませんね。

 

また、春菊も多くはないですがアレルギーを発症することがあるので異変があった場合は食べるのを控え、かかりつけ医院へ行って下さいね。

 

佐藤

戻る

Page top