マイタケパワー

秋の気配が色濃くなってまいりましたが、皆様お元気でお過ごしでしょうか。

徐々に木々の色も移りかわり、風邪やインフルエンザ、ノロウイルス等が猛威を振るう時期となりますね。

この間知人に「マイタケががん予防に効果あるらしい」と教えて貰い、調べてみました。

がん予防に効果のある食材・・・調べるとかなりありますよね。

なかなか同じ食材を一定量毎日食卓に並べるのは大変な事ですが、沢山ある食材をローテーションすると飽きずに美味しく頂けるのではないでしょうか。

マイタケを研究、臨床実験を行っている所は様々ですが、その中の1つ、ニューヨーク医科大学の研究によって次の結果が得られています。

1 乳がん、前立腺がん、膀胱がん、肺がん、胃がん、大腸がん等に有効。
2 がん細胞の死を誘導します。 
3 ビタミンCとの相乗効果が著しく、抗がん剤の感受性も高めてくれます。

元々マイタケ等の菌類は免疫効果UPに繋がる成分を多く含む食材ですが、マイタケはがん予防だけで無く抗HIV作用も確認され、更に血糖・血圧降下作用やカルシウムの吸収を促す作用もあるスーパーフードです。

ただ、食べるだけでなく、調理法も肝心です。

特有の有効成分は水溶性なので水洗いは極力控えます。

煮ると濃厚なダシがでますが、独自の有効成分が高温に弱いため(130度以上でMX-フラクションが分解)長時間の調理は注意が必要です。

煮汁が黒ずむのは、有効成分が煮汁に出ているためですので、汁も一緒に食されると効果的ですね。

又、マイタケだけでなくエノキタケやブナシメジ等の菌類も効果がみられ、これらを「ほとんど食べない人」に比べ「週3回以上食べる人」は胃がんや大腸がんのリスクが減少することが分かりました。

エノキタケは発がん防止作用、ブナシメジはがん転移抑制効果が確認され、毎日の食卓にきのこ料理を一品増やしてみては如何でしょうか。

 

                       佐藤

戻る

Page top