歯が痛くなくても歯科医院でケアすることが重要です

歯が痛くなくても歯科医院でケアすることが重要です

「歯が痛くなったから歯医者に行かなきゃ……」

これまで歯科医院へは、歯が悪くなってから行くのが当たり前だったかと思います。しかし痛くなってからの「治療」つまり対処療法では、虫歯を削り健康な歯にダメージを与えてしまうことになります。虫歯や歯周病は実は予防できる病気です。そのため「治療」よりも「予防」するほうがお口の健康を守るために効果的といえます。

虫歯の原因は3ヶ月ごとに除去しましょう

虫歯の原因は3ヶ月ごとに除去しましょう

歯の表面には細菌の巣となる膜が形成されていきます。これは「バイオフィルム」とよばれ自然界に広く存在します。この「バイオフィルム」が、毎日のブラッシングでは落としにくい場所に溜まってしまうと抗生剤や殺菌剤でも効果的に落とすことができなくなります。中に虫歯菌が巣くってしまうと、虫歯の原因となってしまうのです。

虫歯の原因は3ヶ月ごとに除去しましょう

この「バイオフィルム」を落とすことができるのが、歯科医院でのPMTC(歯のクリーニング)です。3ヶ月に一度、定期検診を受けてこのバイオフィルムを除去することが、虫歯予防につながります。「治療」よりも「予防」。予防歯科を活用し、お口の健康を守りましょう。

歯の大事な役割

「歯の役割は?」と聞かれたら「食べ物を噛むこと:咀嚼」だとお答えになるでしょう。しかし歯の役割はそれだけではありません。健康な生活を送るために大切な歯の役割を改めて確認してみましょう。

消化を助けます 食事を楽しむことができます 異物を感知します
歯で食べ物を細かく噛み砕くことで、胃腸に過度の負担をかけずに栄養補給ができます 「歯ざわり」「噛み応え」を感じることで食事を楽しむことができます 噛み応えにより硬さの違いを感知し、異物が口に入ったことに気づくことができます
明瞭な発音を助けます 表情が豊かになります 瞬発力に関係します
歯並びが整っていると、舌や唇がスムーズに動き、明瞭な発音が可能となります 咀嚼することで口まわりの筋肉が正常に発達するので、豊かな表情がつくれます 全身にグッと力を入れるとき奥歯を噛みしめることができます

歯間ブラシやデンタルフロスも使いましょう

虫歯や歯周病の予防には毎日のブラッシングによるケアが欠かせません。ご家庭でのケアの際は、歯ブラシを使うだけでなく、歯間ブラシデンタルフロスを併用することをお勧めします。

歯間ブラシ

歯間ブラシ

歯と歯の間のすき間の汚れを落とすのに便利な小さなブラシです。L字型とストレート型の柄があり、ブラシの太さもさまざまです。ご自分に合った使いやすい歯間ブラシを選びましょう。普通の歯ブラシでみがいたあと、細かい部分のプラーク除去のために歯間ブラシを使うことをお勧めします。

デンタルフロス

デンタルフロス

デンタルフロスと呼ばれる歯みがき用の糸を両手の人差し指などに巻きつけ、歯と歯の間の面に通し、歯面に沿わせてプラークや食べカスを掻き出します。歯ブラシが届かない部分の清掃に効果的です。

予防メニューの紹介

定期検診

定期検診

歯科医師や歯科衛生士が、口腔内の総合的なチェック(虫歯や歯周病の有無、口腔内の変化などの確認)を行い、歯のクリーニングをします。定期的に行うことでお口のトラブルの予防や早期発見・早期治療につなげていきます。

ブラッシング指導

ブラッシング指導

患者さん一人ひとりのお口の状態に合わせたブラッシング方法をアドバイスします。毎日のご自宅でのケアを効果的に行うための歯ブラシや歯間ブラシ、デンタルフロスの持ち方、動かし方をはじめ、ブラッシングのタイミングなどをお伝えし、健康なお口の維持をサポートします。

フッ素塗布

フッ素塗布

歯質を強化する効果があり、歯の「再石灰化」を促すフッ素を、歯の表面に塗布する処置です。定期的にフッ素塗布することで、虫歯になりにくいお口の環境維持に役立ちます。フッ素塗布には痛みを伴いませんので、歯医者さんが苦手な方やお子さんにも安心な処置です。

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)

口腔ケアのプロによる、専用機器を用いた歯のクリーニングのことです。毎日のブラッシングでは落としきれない、歯と歯の間や歯と歯茎の溝などにたまったプラークや歯石を徹底的に除去し、虫歯や歯周病を予防します。歯の着色汚れの除去や口臭予防にも効果があります。

菊名駅西口より徒歩2分 平日は21時まで、土日は18時まで診療 クニオデンタルクリニックのアクセスはこちらです

Page top