歯を失ったら放置しないでください

  • 歯を失ったら放置しないでください
  • 歯を失ったら放置しないでください

虫歯や歯周病、そして外傷などさまざまな理由で歯を失うことがあります。歯が抜けたままにしておくと、見た目がよくないだけでなく、全身の健康にも影響を与えることがあるのをご存じでしょうか? それまであった歯がなくなると、そのスペースに隣の歯が倒れ込んできたり、噛み合っていた歯が伸びてきたりします。つまり歯並びが乱れ、噛み合わせに悪影響を与えるのです。噛み合わせに問題があると、ほかの歯や顎に過度の負担がかかったり、全身のバランスをくずしたり、咀嚼がうまくいかず消化器官に負担をかけたりと、その影響はお口の中だけにとどまりません。

そのため、歯を失ったらなるべく早く治療を受けることが大切です。その治療法はおもに3種類。多くの方が使用している入れ歯治療、隣の歯を削り支台にして装着するブリッジ治療、そして、手術をして自分の歯のような機能の回復を図るインプラント治療があります。

自分の歯のように噛めるインプラント

自分の歯のように噛めるインプラント

インプラント治療とは、生体親和性が高いチタン製の人工歯根(インプラント)を顎の骨に埋め込み、それを支台にして人工歯などを被せて歯の機能を補う治療法です。セラミック製の人工歯を装着することで、機能性だけでなく見た目も自然に美しく仕上げることができます。

インプラント治療のメリット・デメリット
インプラント治療のメリット・デメリット メリット
  • 硬い物でもしっかり噛めます
  • まわりの歯に負担をかけません
  • 失った歯が何本でも(1歯~全歯)対応可能です
  • 見た目を自然に仕上げることができます
  • 刺激が伝わるので顎の骨が痩せにくくなります
デメリット
  • 外科手術が必要です
  • 治療期間は比較的長くかかります
  • 保険適用外で治療費が比較的高額です
  • 定期的なメインテナンスが必要です
当院では国産のインプラントを使用しています

当院では国産のインプラントを使用しています

当院で使用しているインプラントはプラトン社製です。プラトンインプラントは日本の患者さんのために日本の歯科医師や企業、大学が協力して開発しました。表面処理などを施し、顎の骨との結合の促進を図っています。現在では年間約40,000本が使用されています。

インプラント治療の流れ

STEP01:歯肉を切開します STEP02:穴を開けます STEP03:インプラントを埋入します
歯肉を切開します 穴を開けます インプラントを埋入します
麻酔をしたあと、インプラントを埋める部分の歯肉を切開し顎の骨を露出させます 専用のドリルで、顎の骨にインプラント埋入のための穴を開けます インプラントを埋め込みます
STEP04:治癒期間をとります STEP05:アバットメントを装着します STEP06:人工歯を装着します
治癒期間をとります アバットメントを装着します 人工歯を装着します
インプラントを歯肉で覆い縫合。そしてインプラントと顎の骨が結合し安定するのを待ちます インプラントが安定したら、ふたたび歯肉を開き、人工歯との接続部分となるアバットメントを装着します 歯肉の傷口が治ったら、アバットメントに人工歯を装着して、治療完了です

料金紹介(税別)

インプラント治療 320,000円~

※症例により価格が異なります

お口に合わせた入れ歯を選びましょう

お口に合わせた入れ歯を選びましょう

「入れ歯は痛くて、よく噛めないもの……」そんなイメージはありませんか? しかしそのような不具合は、噛み合わせがずれていて食べ物をつぶす前に入れ歯が外れてしまったり、サイズや形がぴったり合っていないことで強くあたる部分が生じたりすることで起こります。お口に合った入れ歯で噛み合わせのバランスが取れていれば快適に使えるものです。入れ歯のお悩みがありましたら、菊名駅より徒歩2分の歯医者クニオデンタルクリニックにご相談ください。

正しい入れ歯のお手入れ方法

正しい入れ歯のお手入れ方法

入れ歯は毎日のお手入れをすることで長くご使用いただけます。そのお手入れ際に注意していただきたいのは、入れ歯専用のブラシや洗浄剤を使用することです。歯みがき粉には研磨剤が含まれており、これでみがくと入れ歯に細かい傷をつけてしまいます。傷をつけてしまうとそこに細菌が繁殖しやすくなりますので、入れ歯やお口を清潔に保てなくなってしまいます。研磨剤の入っていない洗浄剤を使いましょう。

STEP01:水洗いをします STEP02:ブラッシングします STEP03:洗浄剤に浸けます STEP04:水洗いします
水洗いをします ブラッシングします 洗浄剤に浸けます 水洗いします
お口から取り外して、流水で軽く汚れを洗い流します 入れ歯専用洗剤を使い丁寧にブラッシングして食べカスを取ります 専用の入れ歯洗浄剤に最低でも30分浸けます。頑固な汚れの場合は一晩浸けておきましょう すすぎ残しがないように、流水で洗浄剤をよく洗い流してから入れ歯を装着しましょう

保険と自費の入れ歯の違い

入れ歯には保険診療の入れ歯と自費診療のものがあります。費用の違いはいうまでもありませんが、その素材の選択肢の広さが大きく異なります。

保険診療の入れ歯   自費診療の入れ歯
保険診療の入れ歯   自費診療の入れ歯
床の部分はレジン(歯科用プラスチック)のみを使用し、部分入れ歯の場合はバネをつけます。素材も構造も限定されています。 素材・構造 いろいろな素材や構造から選択できますので、快適なものを選べます。
保険適用のため安価です 費用 保険適用外のため比較的高額です
入れ歯だとわかってしまいます 見た目 自然で美しく仕上げることができます
噛み心地や装着感がやや劣ります 噛み心地 噛み心地や装着感のよさを追求することができます
短めです 作製期間 長めです

取り扱い入れ歯紹介

バネのない義歯~バルブラスト~

バネのない義歯~バルブラスト~

歯茎を覆う床部分に弾力性のある樹脂を使用した、バネ(クラスプ)のない自費診療の部分入れ歯です。バネがないので目立たず、まわりの歯に負担をかけません。フィット感がよく装着感も悪くありません。金属不使用なので金属アレルギーの心配も不要です。

金属床(チタン床)義歯

金属床(チタン床)義歯

床部分を生体親和性の高いチタンでつくる自費診療の入れ歯です。床の部分を薄くつくれるので違和感が少ないという特長があります。食べ物の温度も伝わりやすく、飲食を楽しむことができます。丈夫で汚れやにおいがつきにくく衛生的です。

菊名駅西口より徒歩2分 平日は21時まで、土日は18時まで診療 クニオデンタルクリニックのアクセスはこちらです

Page top