• 歯のホワイトニングについてはこちら
  • 歯肉ホワイトニングについてはこちら

銀歯を白くできる審美歯科

  • 銀歯を白くできる審美歯科
  • 銀歯を白くできる審美歯科

白い歯列の中で銀歯は黒ずんで見え、とても目立ちます。この銀歯のせいで、「人前での食事や会話をするときはつい口元を手で隠してしまう……」そんなお悩みがあるのでしたら、審美歯科治療をお勧めします。銀歯を白いセラミックの歯に替えることで、見た目を美しくするとともに歯本来の機能を回復します。審美歯科のことは、菊名駅より徒歩2分の歯医者クニオデンタルクリニックにご相談ください。

実は銀歯にはさまざまなデメリットがあります

実は銀歯にはさまざまなデメリットがあります

耐久性がある銀歯は保険診療の虫歯治療で、これまで当たり前のように使われてきました。しかしこの銀歯は見た目が美しくないだけでなく、金属アレルギーを引き起こす原因となり得ることが近年わかってきました。お口の中の金属が唾液によって少しずつ溶け出し、体内に吸収されることで湿疹やかゆみなどのアレルギー症状を招くことがあるのです。

銀歯のデメリット
  • 金属アレルギーを引き起こすことがあります
  • 銀歯にはプラークがたまりやすいので、
    銀歯付近は虫歯や歯周病の再発リスクが高くなります
  • 天然歯よりも硬いので、噛み合う歯を傷めることがあります
  • イオン化した金属により歯茎が黒ずむことがあります
  • 金属の土台の場合、歯茎が後退することで金属が露出することがあります

見た目と機能性に優れたセラミックがお勧めです

見た目と機能性に優れたセラミックがお勧めです

金属を使用した詰め物や被せ物は金属アレルギーの心配があります。そこでお勧めなのが金属を使用しないメタルフリー治療です。セラミックなどの素材で詰め物・被せ物をつくることにより、金属アレルギーのリスクから解放されます。

セラミックのメリット
  • 金属アレルギーの心配がありません
  • 歯茎が黒ずみません
  • 見た目が自然で美しいので、口元のコンプレックスを解消できます
  • 耐久性があります
  • プラークなどの汚れがつきにくいので、虫歯や歯周病の再発リスクが抑えられます
  • きれいな歯を手に入れることで、お口のトラブル予防の意識が高まり、健康なお口の維持につながります

取り扱い素材紹介

自費診療のセラミック素材でもっとも多く使用されているのが「オールセラミック」と「メタルボンド」です。

オールセラミック
オールセラミック
オールセラミック
セラミック素材のみでつくる人工歯で、被せ物にも詰め物にも加工可能です
メリット
  • 天然歯に近い透明感と色調で、見た目が自然です
  • 歯肉が黒くなりません
  • 経年劣化や変色がほとんどありません
  • 金属不使用なのでアレルギーの心配が不要です
デメリット
  • 天然歯より硬いので噛み合う歯を傷めることがあります
  • 自費診療なので比較的高価です
見た目 ★★★★★
耐久性 ★★★★☆
費用 115,000円(税別)
メタルボンド
メタルボンド 金属の土台の表面にセラミックを焼きつけて、
被せ物にします
メリット
  • 銀歯より見た目が美しくなります
  • 中身が金属なので割れにくく耐久性があります
  • ほとんどの部位に使用可能です
デメリット
  • 内側が金属のためオールセラミックに比べ透明感が劣ります
  • 金属アレルギーを引き起こす可能性があります
  • 歯肉が黒ずむことがあります
  • 歯を削る量が比較的多めになります
  • 自費診療なので比較的高価です
見た目 ★★★☆☆
耐久性 ★★★★★
費用 95,000円(税別)

歯科だからできるエイジングケアがあります(ヒアルロン酸注射)

エステサロンなどに導入されているヒアルロン酸注射。実は当院でも施術をお受けいただくことができます。ヒアルロン酸を口元に注入することで、気になるシワやたるみなどにアプローチし、若々しい口元づくりをサポートします。

ヒアルロン酸注射のメリット
  • 治療跡が残らない
    歯科医院では口腔内から注射するため、針の跡が残ることはありません。
  • 痛みが少ない
    口腔内から注射をするため、お顔の皮膚に注射を打つときよりも痛みを抑えられます。
  • 費用がリーズナブル
    美容外科と比較すると、リーズナブルな価格で施術を受けることができます。
  • 施術後にメイクができる
    治療跡が残らないので、お帰りの際にはメイク直しをしていただけます。

気になる黄ばみはホワイトニングで解決

  • 気になる黄ばみはホワイトニングで解決
  • 気になる黄ばみはホワイトニングで解決

黄ばんでしまった歯にコンプレックスをお持ちではありませんか? 「昔はもっと白かったのに……」とため息をついているのでしたら、ホワイトニングをお勧めします。ホワイトニングとは、歯を削らずに、薬剤を使うことで歯を白くする処置のこと。最近では、成人式や結婚式など大切なイベントの前にホワイトニングを受ける方が増えています。白い歯を手に入れて、笑顔に自信を取り戻したいのでしたら、菊名駅より徒歩2分の歯科医院クニオデンタルクリニックにご相談ください。

歯が黄ばむ原因

加齢

歯の表面のエナメル質の内側の象牙質は、もともと黄色味をおびています。この色は加齢により強まります。また、象牙質を覆っているエナメル質が薄くなることも歯がより黄色く見えるようになる原因です。

飲食物

コーヒーや紅茶、赤ワイン、カレーといった色の濃い飲食物を摂取することにより、歯が着色されていきます。

タバコ

タバコのヤニが歯の表面に付着することにより、歯が黄ばみます。

虫歯

重度の虫歯治療で神経を取ると、歯が変色していくことがあります。

抗生物質

テトラサイクリンという抗生物質を飲んでいた人は、歯が黄ばむことがあります。妊婦さんがこの抗生物質を服用すると、胎児の歯が黄ばむことがあります。

ホワイトニングの種類

ホワイトニングには歯科医院で行うオフィスホワイトニングとご自宅で行っていただくホームホワイトニングがあります。オフィスホワイトニングはすぐに歯を白くしたい方に、ホームホワイトニングは白さを長持ちさせたい方にお勧めです。

オフィスホワイトニング ホームホワイトニング
オフィスホワイトニング ホームホワイトニング
歯科医院で行います。高濃度のホワイトニング剤を歯の表面に塗布し、特殊な光を照射することで薬剤を浸透させ、歯を白くする方法です。 概要 まず歯科医院で専用のマウストレーを作製。ご自宅にて、そのトレーに濃度の低い薬剤を注入し、毎日一定時間お口に装着して歯を白くしていきます。
  • 1回の処置で白さを実感でき、数回の処置で理想的な白さになります
  • 短期間で歯を白くできます
  • 専門家にすべて任せられるので安心です
  • 施術前に歯のクリーニングを受けられます
メリット
  • ご自宅でお好きな時間に処置ができます
  • 長期間にわたって効果が持続します
  • 低濃度の薬剤を使用するので刺激がほとんどありません
  • 歯科医院への通院回数が少なくて済みます
  • 白さの戻りが比較的早めです
  • 1回の処置時間が長めです
  • 複数回の通院が必要となります
  • 光の届きにくい奥歯はホワイトニング効果が期待できません
デメリット
  • 白くなるまでに日数がかかります
  • 毎日一定時間、装着する必要があります
  • マウストレー装着前のケアや薬剤の管理などすべて自分で行わなければなりません

ホワイトニングの注意事項

ホワイトニングを行うにあたって……
  • ホワイトニングの効果には個人差があります
  • 人工歯(差し歯、詰め物・被せ物など)は白くすることはできません
  • 抗生物質(テトラサイクリンなど)や薬剤による歯の変色には、効果が現れにくい場合があります
  • 18歳未満の方や妊娠中の方にはホワイトニングはお勧めできません
  • 虫歯や歯周病などのお口のトラブルがある場合は、そちらの治療が優先です
ホームホワイトニング中は……
  • 薬剤の使用や管理については、歯科医師の指示に従ってください
  • ホワイトニング前にはしっかりとブラッシングしましょう
  • マウストレー装着中は飲食や喫煙はできません
  • ホワイトニング期間中は、色の濃い飲食物の摂取や喫煙は控えましょう
ホワイトニングを行ったら……
  • 歯の白さを維持するために、メインテナンスを受けましょう

料金紹介(税別)

片顎 13,000円~
全顎 26,000円~

歯肉の黒ずみも白くできます

歯肉ホワイトニングの症例

歯肉が黒ずむ主な理由は色素沈着によるものです。
皮膚が日焼けで黒くなるのは紫外線から皮膚を守るためにメラニン色素が分泌されますが、歯肉も同様に刺激から守るために黒くなっていきます。
メラニン色素は歯肉の浅い部分に沈着するので薬品を塗布する事で簡単にピンク色の歯肉を取り戻すことが出来ますよ。

  • 歯茎のホワイトニング
  • 歯肉ホワイトニングの症例

歯肉の変色について

歯肉ホワイトニングの変色についてはいくつかの原因があり、歯肉ホワイトニングで改善する場合と、それ以外の処置になる場合があります。
この場では歯肉ホワイトニングで改善する原因を載せますね。

タバコ

タバコのニコチンやタールの害から歯肉を守る為にメラニン色素が生成され、吸い続けるとメラニン色素が正常に排出されず色素沈着として残ってしまいます。
喫煙者はもちろん、常に受動喫煙の環境に置かれる方もタバコの影響による黒ずみが出るケースもあります。

ハミガキ

歯を磨く際にゴシゴシちからを入れすぎたり、硬いハブラシを使用していると、刺激を受けてメラニン色素が生成され色素沈着を起こす可能性があります。

口呼吸

慢性鼻炎など無意識に口呼吸をしていると、常に口の中が乾燥した状態になり、細菌が侵入しやすく、粘膜が炎症を起こしやすくなります。
これが原因で歯肉が黒ずむこともあります。

その他、気になる方はご相談して頂ければお話いたします。

歯肉ホワイトニングの料金紹介(税別)

片顎 7,000円
全顎 14,000円

菊名駅西口より徒歩2分 平日は21時まで、土日は18時まで診療 クニオデンタルクリニックのアクセスはこちらです

Page top