歯科治療は「痛い」というイメージはありませんか?

歯科治療は「痛い」というイメージはありませんか?

歯科医院に対して苦手意識はありませんか? 治療に対する「痛い」「怖い」というイメージを持っていませんか? 歯科医院を敬遠し、歯に違和感があってもなかなか通院しないと、虫歯や歯周病のトラブルはどんどん進行してしまいます。通院の開始を遅らせれば遅らせるほど治療が複雑になり、時間もかかり、費用もかさんでしまうことにつながるのです。

歯科治療は「痛い」というイメージはありませんか?

当院ではできるだけ痛みを抑えた治療を行っています。少しでもお口に違和感がありましたら、なるべく早く横浜市港北区の菊名駅より徒歩2分の歯医者クニオデンタルクリニックにお問い合わせください。「できるだけ痛くない治療」のための工夫をご紹介します。

痛みを抑えるための取り組み

麻酔の前に表面麻酔をします
麻酔の前に表面麻酔をします 麻酔注射を刺すときの「チクッ」とした痛みを緩和するため、まず注射をする口腔内の粘膜部分に表面麻酔を塗ります。塗布部分の表面だけを麻痺させる安全性の高い局所表面麻酔です。
麻酔液を人肌に温めます
麻酔液を人肌に温めます 冷たい麻酔液が体内に入ると「ヒヤッ」とする違和感・異物感となり、痛みを感じやすくなるのです。そのため麻酔液は保温器に入れ人肌に温めてから使用しています。
細い注射針で痛みを軽減しています
細い注射針で痛みを軽減しています 注射針は太いより細いほうが痛みは少なくなります。当院では患者さんの負担を少しでも減らすため、細い注射針を使用しています。
電動麻酔器で麻酔注入をコントロールしています
電動麻酔器で麻酔注入をコントロールしています 人の手による麻酔注射の場合は、力の入れ方にムラができやすく、圧痛を感じることがあります。電動麻酔器なら加圧を一定に保ちながら麻酔液を注入できますので、痛みの軽減につながります。

菊名駅西口より徒歩2分平日は21時まで、土日は18時まで診療クニオデンタルクリニックのアクセスはこちらです

Page top