クニオデンタルクリニックのコンセプト

地域密着型の親身な治療

クニオデンタルクリニックは伯父の代から数えて約30年、この地で歯科医療をご提供しています。地域密着型の歯医者として、患者さんのことを「家族や身内と同じような存在」と考えて、真心と愛情をもって治療にあたっています。

治療が終わったら、「それで終わり」ではありません。その健康なお口の状態を長く保つことが大切です。そのために、毎日のセルフケアに加え、歯科医院でのメインテナンスをお勧めしています。定期検診で虫歯や歯周病を未然に予防する――。それがお口の健康を守ることにつながるのです。私たちはそのサポートをいたします。

なるべく痛くない治療

私が患者さんの立場なら痛い治療は受けたくありません。「なるべく痛みを抑えた治療」をご提供するのが当院のコンセプトの一つです。治療中に痛まないように麻酔注射をしますが、「注射」と聞いただけでも苦手意識を持つ方がいらっしゃることでしょう。その注射の痛みを大幅に軽減するためにまず表面麻酔をします。これで「チクッ」とする針の痛みを和らげるのです。

体温より麻酔液の温度が低いと「ヒヤッ」とします。この違和感をなくすため麻酔液を人肌に温め、細い注射針電動麻酔器を使用して一定の圧力で麻酔液を注入。こうすることで、ほとんどの患者さんが痛みをほとんど感じることなく麻酔を受けることができています。

歯科治療にかなり苦手な方には、リラックスした気分になる笑気麻酔もご用意していますので、お気軽にご相談ください。

なるべく歯を抜かない治療

歯の神経にまで達する重度の虫歯になってしまった場合、「抜歯が必要です」と診断されることがあります。かなり虫歯が進んでいる場合には抜歯が最善の選択肢であるケースも多いのですが、当院ではできるかぎり抜歯を回避し、歯の根だけでも残すように心掛けています。これまでも、他院で抜歯が必要と診断された歯を詳細な検査を経て「根管治療」で対応し歯を残した実績があるのです。なるべく歯を残し、なるべく抜かない――これも基本のコンセプトです。

見た目だけでなく、機能性を重視した治療

当院ではより自然で美しい人工歯の作製を心掛けています。もちろんそれだけではありません。噛み合わせや機能性を重視した詰め物・被せ物をご提供するためにその精度にもこだわっています。

精度のよい人工歯作製のため必要なのは精確な型取りです。そのため、この型取りから細心の注意を払っています。

患者さんの治療を行うのは歯科医師です。そして詰め物・被せ物・入れ歯などをつくるのは歯科技工士です。当院では私の父親でもある歯科技工士と密に連携し、患者さんにぴったり合った技工物を作製しています。

クニオデンタルクリニックのスタッフ紹介

院長紹介

馬塲邦生(ばば くにお)
馬塲邦生(ばば くにお) 経歴
2001年
2001~2003年
2003~2005年

2005年~
神奈川県横浜市生まれ
日本大学松戸歯学部卒
日本大学総合歯科診療科入局
医療法人大伸会グリーン歯科医院院長
クニオデンタルクリニック開院
所属学会 顎咬合学会会員
日本口腔インプラント学会会員
日本歯科東洋医学会会員

スタッフ紹介

スタッフスタッフ

菊名駅より徒歩2分のクニオデンタルクリニックはこんな歯科医院です初めてご来院になる方のために、当院の治療の流れもご紹介します

Page top